雑草を生えにくくする方法~土壌環境を整える草刈り業者の技~

草むしりをするなら庭の消毒も必要~長持ちさせる秘訣~

土壌が悪いと木も病気になる
庭の状態を良くするためには、見た目を整えるだけではいけません。草むしりをすると雑草を取り除くことができるためすっきりした庭に見えますが、それだけでは木の健康を保つには不十分です。土の中に病気の菌や害虫がいる場合、木にそれらがうつる危険性がありますし、やせ細った土壌では成長に支障が出ます。
土壌改善がポイント
木の成長をサポートしたいなら、業者に土壌を改善するサービスを依頼しましょう。業者では殺菌剤や殺虫剤を用いることで病気や害虫の発生を防いでくれます。また、肥料をまくことで栄養分の高い土壌にします。殺菌剤や殺虫剤は市販もされていますが、使い方に慣れていないと扱いが難しく、人体にもよくないです。自分で行なうのは危険なので業者に任せてください。

草むしりの必要がなくなる?~庭の手入れで頼みたいオプション~

玉砂利

草むしりを行なっても、時間が経つとまたどこかから種が飛んできて雑草が生えることがあります。何度も草むしりをするのが面倒だという場合には、砂利敷きを依頼しましょう。砂利を敷くことによって雑草が生えにくい庭になります。一般的によく知られる砂利は玉砂利と呼ばれるもので、神社などで広く使われています。その印象が強いせいか砂利と聞くと和風の家にしか似合わないと思っている人もいます。しかし、一言で砂利と言ってもその種類は様々で、家や庭の雰囲気に合わせて選ぶことが可能です。庭を素敵に彩りながら雑草が生えるのを防ぎましょう。砂利敷きを依頼するときには、そのまま土の上に敷いてもらうのではなく、下地に防草シートを敷いてもらうことが大切です。防草シートというのは雑草が生えないように日光を遮断するためのものです。砂利を敷いていても砂利の間から雑草が生えてくる場合がありますが、防草シートを敷いておくことでより効果的に雑草を防ぐことができます。

TOPボタン